農園の歴史

uva

序文

私たちの土地は家族の一部です。私たちのルーツとブドウやオリーブの根との間には揺るぎない絆があります。 トスカーナの太陽、空気、そして私たちの土地に命を与えるすべての事物が、固い絆で結ばれている家族の心と笑顔をもたらします。私たちの営みを特徴づける 厳しい労働、犠牲、途方もない努力は、ずっと昔から、この土地、そして海外でも高く評価、認識されている製品によって報われています。

family

家族(モーリ家とベカテッリ家)

この農地は1965年にアドルフォ モーリ氏とエンマ フージ夫人によって購入され、1968年にマリオ ベカテッリ氏と結婚した娘コンチェッタ夫人に贈与されました。この結婚からマッシモ氏が誕生。マッシモ氏は現在、技術と品質の革新をしながら、同時に、家の伝統への忠実さを持ち続け、トスカーナの田舎にて、家族で営む仕事を続けています。
私たちのブドウ畑は1970年に植樹され、続いて、1971年の後半にオリーブの木が植樹さこの農地は1965年にアドルフォ モーリ氏とエンマ フージ夫人によって購入され、1968年にマリオ ベカテッリ氏と結婚した娘コンチェッタ夫人に贈与されました。この結婚からマッシモ氏が誕生。マッシモ氏は現在、技術と品質の革新をしながら、同時に、家の伝統への忠実さを持ち続け、トスカーナの田舎にて、家族で営む仕事を続けています。
私たちのブドウ畑は1970年に植樹され、続いて、1971年の後半にオリーブの木が植樹されました。それ以来、耕作と収穫を続けています。 何年もの間の労力と犠牲を払った経験の結果、製造および知識について、私たちは成長しました。
1971年から1972年にかけて、ワインセラーが建設されました。このワインセラーは、世界で最も称賛され、絶大な人気を誇るワインの1つ、キャンティ クラッシコDOCGを貯蔵しています。加えて、最高品質のヴィンサント(甘口でアルコール度の高い貴腐ワイン)も生産しています。月日を懸けて新しい品種と統合した、キャンティ地方での、オリーブとブドウの収穫は、43年前から私たちが顧客や友人に提供し続けている、キャンティワインと、低温初搾りのエクストラバージンオリーブ油の卓越した品質の製品を実現させています。2014年にコンチェッタ夫人が亡くなり、息子マッシモ氏と夫マリオ氏に農園が残されました。マッシモ氏はブドウ畑を改築し、手作業で瓶づめを始め、有機農法に転換し、そして家の伝統を継承しています。有機農法への変換期間は2015年10月に終了し、現在は、有機農法による生産物として認定されています。
2014年にマッシモさんは、古代の伝統的な方法(80%はサンジョベーゼ種で、残り20%はカナイオーロ種、コロリーノ種、プニテッロ種、マンモーロ種から成る。)に従った、典型的なトスカーナブドウ種から成る新しいブドウ畑の植樹をしました。

このサイトを検索

訪問

  • 26264合計: